平々凡々。 書籍

平々凡々。 ~生きるとは、戦いである~ ⑫あとがき

あとがき

ご覧いただき、ありがとうございます。
 
「生きることは、戦いである」をテーマに日常の戦いを描いてみました。
 
 
かったるい朝に起きるのも戦い。
満員電車に乗るのも、戦い。
仕事も戦い。
 
改めて考えると、人生とは小さな戦いの連続です。
 
「起きる」という戦いに敗れたら、仕事に行くことはできない。
仕事に行かなければ、お金が稼げない。
 
稼がないと、生活ができない。
遊ぶこともできない。
 
時には、休むのも、逃げるのも戦い。
 
そんな小さな戦いの連続です。
 
 
最後までお読みくださり、ありふぁとうございました。
 
また、次のエッセイでお会いしましょう。
 

泪-rui-

主婦です。

気ままに活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA